忍者ブログ

わくわくインスピレーションに振り回されて

バシャールからわくわくすることを学んで、いったい僕は何がわくわくするのだろうと考えたらこれでした
2018
05,21

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010
02,13

ここ2回のヘミシンクは、動物とコンタクトをとってみている。
メッセージは何かしらもらっているのだが、よくわからない。
動物だから??

とりあえず、アファメーションでも変更してみるか!


てなわけで、知覚アップを考察するの続きです。
前回は、初級編を僕なりに、まとめてみた。

で、次は、ネクストステップ編。
知覚がアップしてきたなと自分でも感じだし、少しだが体験が増えてきた
あたりからまとめてみたい。

体験が少しづつでてくると、自分の中の確信も上がってくる。
とりあえず、体験の目安として僕のチョイ体験を列挙

・目がちかちかすることが増えた
・クリックアウトを経験
・振動を感じる
・イメージで人が現れる
・イメージで人がすぐ横を横切る
・声がした
・トンネルの中に入っていくイメージ
・金縛り
・音楽が流れている
・脚気みたいに一瞬、足だけ体外離脱
・ほっぺたを誰かにひっぱたかれる
・体外離脱
・体から、湯気のようなオーラが見える
・草木を触って瞑想すると振動が伝わってくる
・頭がゆらぐ
・ハッとするtことが増えた。今誰かいなかった??みたいな感じ
・本屋さんで、探していた情報をタイミング良く見つけやすくなった
・瞑想中に、体が熱くなる
・変性意識に入る
・夢を覚えている確率が高くなった
・夢をコントロールできる時があった
・右手がしびれる期間があった
・瞑想後に、風邪でもないのに頭が痛い時期があった


まっ、とりあえず、こんなところだろうか。
かなり、微細な体験もあると思うが、ヘミシンク体験の1つだと思う。

そして、ここで、強調しておきたいのが、これらの体験は、再現性があまりないということです。
変性意識に入るや、振動は、再現しやすいが、一度しか体験していない

つまり、起こしたくて、起きる体験ではなく、なぜか起きてしまった体験がほとんどです。

で、この辺りから、次のステップへ進みたいのだが、
なかなか進展がない。

正直、僕も先日までそうでした。
で、まるの日カフェ in 東京のセッションを受けて、劇的に変化を遂げたのですが
(劇的にといっても、僕の中では劇的であって、騒ぐほどではないですね。恥ずかしい・・・)

セッションを受ける前と、受けた後では、明らかにメンタル面で変化があります。
たぶん、この変化が、ネクストステップへのキーになると思います。

すこし話が変わりますが、まるの日カフェで、スプーン曲げを見せてもらいました。
そんでもって、僕も曲げれたし、会場の女の人ですらスラスラ曲げていました。

何だこれはって感じです。
実は、この体験が大事でした。
スプーン曲げを見せてもらったときに、えっそんなもんなのと、僕の中で思考が流れていました。
つまり、僕にもできると思うよ。と感じていたのです。

でも、2週間ほど前までは、スプーン何てどうやって曲げるんだろうと考えていました。
なんだろう、この違いは

そう、確信の違いだと思います。
実際に、スプーン曲げを見ることで、あれくらいなら僕にもできると、自分自身の限界を取っ払ったことが
結果をもたらしたと思います。

つまり、知覚アップも同じで、確信が重要になるということです。


では、どうやって確信を高めることができるでしょうか?

答えかどうか僕には、わかりませんが、一応、僕なりの考えをあげておきます。
1.小さな体験を積み重ねる
2.ガイドを拝見してもらう
3.セミナー等で、大きな体験を経験する

たぶん、この3点で、確信が付くと思います。
確信というよりは、自分自身を制限している、メンタルブロックを取っ払うことができると思います。
とくに、2番と3番が非常に重要になってくると思います。

つまり、伸び悩んだら、一人でヘミシンクをするのではなく、みんなでヘミシンクということです。


では、次回は、変性意識への入り方をまとめてみたいと思います。








PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

trackback
この記事のトラックバックURL:

メルマガ
プロフィール
HN:
モト
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1977/10/27
職業:
自称 写真家
趣味:
瞑想
自己紹介:
最近のブームは格闘技です。めちゃくちゃ弱いくせに友達とあーでもないこーでもないと理論を繰り広げて練習という名のじゃれあいを楽しんでいます。そんな小さな自分が好きです
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]